ブログ

リビングの延長に畳部屋。間仕切り部分はどうする?

間仕切り壁について話しておきたい、私あずです。
こんにちは!ちょっと楽しい家づくり ひまわり工房(暮らしの設計士)東沙織です。
『リビングの延長に畳部屋。間仕切り部分はどうする?』
という、【間仕切り】について事例紹介します( *´艸`)♩
 
 

 | 最近は畳部屋自体が減ってきてるけれど

 
畳コーナー
 
リビングの延長に3〜4.5帖の畳部屋を希望する方はいる。
そうなると、リビングと畳部屋との間仕切りをどうするのか問題◎
 
 
 
 
 
 
 

 | やり方4選

 
①オープンにして使う
②ロールスクリーンで仕切る
③片引戸や引違い戸で仕切る
④2枚引込み戸や 3枚引込み戸 で仕切る
※だんだんお値段お高くなります◎
 
ねっ(・ω・)ノ
 
 
 
オープンタタミコーナー
 
☝オープンなタタミコーナー
 
 
 
ロールスクリーン
 
☝ロールスクリーンで仕切る
 
 
 
2枚引き込み戸
 
2枚引き込み戸
 
☝2枚引き込み戸で仕切る
 
 
 
2枚引き込み戸
 
2枚引き込み戸
 
☝2枚引き込み戸で仕切る
 
 
 
3枚引き込み戸
 
☝3枚引き込み戸で仕切る
 
 
 
 
 

 | ▶︎▶︎▶︎考え方

 
A/基本的にしめきっておきたい?
B/基本的に開け放しておきたい?
C/過ごしながら後で戸の有無考えるのはだめ?
 
 
 
 
 
 
 
 

 | ▶︎▶︎▶︎大事なこと

 
①仕切りたい気持ちももちろんよくわかります
②引戸は決してお値段は安くない
③戸で仕切ると空調も遮断されがち
④4.5帖未満であれば簡易なロールスクリーン仕切りでもアリですね◎
 
 
 
 
 
 
 
160321s-2
 
■ 現在ご新築・建替をご検討中のみなさまへ。
 
当社にご興味をもってくださっている方で、
『家づくりの相談をしたい・・・・!』
『ひまわり工房の家、ぜひみたい・・・・!』
という方がいらっしゃいましたら・・・・
相談したい♪ ご見学したい♪ とまずはお気軽にご連絡ください。
※ご見学はタイミングがあえば、ご案内をさせていただきます。
 

ご相談やお家見学の予約は、下記お電話かメールフォームにて、

「家の相談(あるいは見学)をしたいのですが……」とご連絡ください。

 
☎tel: 0791-22-4771
(☎スマホの方は、番号にタッチするとつながります)
✉mail: info@himawari-kobo.net
 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

 

 

友だち追加
↑ こちらを押すと、ひまわり工房が登録できます。
フォローはゆるっとお気軽に♪
 
 
 
 
 

2019年5月5日 投稿|        |記事一覧へ
ページトップへ
サイトマップ 会社案内 トップ